ペットシッターの資格を取る方法! 難易度や費用もご紹介

ペットシッターの資格を取る方法! 難易度や費用もご紹介

ペットシッターとはベビーシッターのペット版です。飼い主が旅行や出張でペットの世話ができない時、留守宅を訪問してペットの世話をするのが仕事です。

ペット業界では人気の職業で、ペットシッターになりたい人は多いです。

「でもペットシッターの資格を取るには、どうすればいいの?」
「そもそもペットシッターには、どんな資格があるの?」

という方のために、ペットシッターの資格を取る方法を解説します。


 ペットシッターの資格とは?


ペットシッター資格は犬猫の世話に関する知識や技能を認定します。

具体的にはしつけやトレーニング、健康管理やお手入れの方法、もしもの時に対処できる応急処置法といったものです。資格取得には「飼育管理」「トレーニング学」「動物看護学」を学ぶ必要があります。

長年犬や猫を飼っている人からすれば、ペットシッターの仕事は一見簡単に思えるかもしれません。

しかし自分のペットを世話するのと、他人のペットの世話をするのとでは、責任感が大きく違います。

万一ペットに何かあった際には、賠償責任が発生する恐れがあります。そのため正規の学習を受け、プロの知識と技能をしっかりと身につけておいてください。


◆ ペットシッターに必要なスキル
・犬や猫の基本的な知識
・ケアやお手入れの方法
・しつけやトレーニング
・病気やケガの対処法

ペットシッターの仕事をするのに、ペットシッター資格は必ずしも取得を義務づけられていません。

しかし資格がないと、飼い主さんから信用してもらえません。

どうせ勉強する必要があるのだから、学習のついでに取っておくといいですね。


 ペットシッター資格の種類


「ペットシッターの資格を取ろうと思ったら、いろいろな種類があってどれがいいか分からない」

と、迷ってしまった人もいらっしゃるでしょう。

現在ペットシッターには様々な団体が設立した民間資格が複数存在します。公的に統一された資格がなく、それぞれの動物団体が独自に検定試験を主催しているのです。

主なペットシッター資格としては、次のようなものがあります。

・日本ペット技能検定協会「ドッグシッター」
・日本ペット技能検定協会「キャットシッター」
・日本ペットシッター協会「ペットシッター士」
・日本ペットシッター協会「 ペットへルパー」
・ビジネス教育連盟「認定ペットシッター」


これはネットで調べた有名なペットシッター資格ですが、他にも私の知らないペットシッター資格が幾つかあると思われます。

現在のところ、それぞれの資格に大きな優劣はなさそうです。

取得方法や難易度もさほど差はないので、個人の好みで選んでください。


 ペットシッター資格を取る方法


1、専門学校やスクールに通う
2、カルチャースクールに通う
3、通信講座を受講する

ペットシッター資格を取る方法は、主に上記の3つがあります。

一つ目は専門学校に通う方法です。といってもペットシッター養成学校というのは、ほとんどありません。だから動物看護士やドッグトレーナーを養成する一般的なペット専門学校で学習をします。

専門学校は知識の習得だけでなく、実習もあって実践的な学習ができます。

しかし自宅から通える範囲に学校がなかったり、授業料が高額だったりとハードルが高いです。

カルチャースクールで資格を取る方法もありますが、こちらも通える範囲になかったり、講座によっては内容が貧弱だったりします。

ペットシッターの資格を取る場合、通信講座という選択肢もあります。通信講座なら自宅で効率的に学習し、比較的短期間で資格が取得できます。地方在住者も家で学べるのが大きな特徴です。

大手の講座なら希望者に実技研修を行っており、実践的なスキルが習得できます。就職や転職、独立開業支援もあります。費用も専門学校と比べると格段に安いため、学習がしやすいです。


 資格の難易度と合格率


ペットシッター資格を取得するのは、さほど難しくはありません。

各団体が認定するカリキュラムで勉強し、試験を受けて合格すれば取得できます。試験はきちんと学習を行えば、ほとんどの人が合格できます。学習の難易度も高くはありません。

資格の種類にもよりますが、合格率は8割以上になります。

といっても油断はできません。

講座のテキストや課題をこなし、分からないことは必ず質問しましょう。疑問点を放置しておくと検定試験で不合格になるというだけでなく、プロになって仕事をする時に困ります。

学習をする時は、実際にプロとして仕事をすることをイメージしながら行うと習得しやすいです。

わんこやにゃんこと一緒に働く姿を想像すれば、やる気も生まれてくるはずです。

ペットシッターの仕事は動物が相手です。マニュアル通りにはいかず、予想もしないトラブルに遭遇する可能性があります。

臨機応変に対処するにはテキストの内容だけを学習するのではなく、より幅広い知識の習得が必要です。

資格を取得すること自体はそれほど難易度は高くないので、実際に仕事をすることを想定して実践的な知識と技能の習得を目指してください。


 資格取得にかかる費用


ペットシッターの資格を取るには

ペットシッター資格の取得にかかる費用は、取得方法によって大きく変わります。

上記で紹介した通り、ペットシッター資格を取得する方法には「専門学校に通う」「カルチャースクールに通う」「通信講座で学習する」といった方法があります。

それぞれの費用の目安は、以下の通りです。

・専門学校:100万円(学習期間1年の場合)
・カルチャースクール:5万~10万円(学習期間1週間程度)
・通信講座:5万~10万円(学習期間4~12ヶ月程度)


専門学校は最も密度の高い学習ができますが、それだけに費用は高額です。入学金を含めて1年で100万円前後の費用が必要となります。卒業するまでに200万~300万円以上かかることもあります。

カルチャースクールは1週間程度で5万~10万円が相場です。

2、3日だけのスクールもありますが、この場合は資格がもらえないケースがあるので注意が必要です。

通信講座は4ヶ月程度の学習期間で5~7万円が相場です。上級レベルの講座になると、10万円近い費用がかかることがあります。それでも他の学習方法と比べれば、金銭的な負担は小さいです。


 重要なのは費用の額ではない!


「なるべく安い費用で資格を取得したい・・・」

というのは、もっともな話です。

しかし金額だけにとらわれると、後悔することがあります。

安いスクールを受講して貧弱なカリキュラムやサポートでは、スキルが習得できません。それに価値のない資格を取っても、仕事に役立てることはできないでしょう。

もちろん高い講座が、いい講座とは限りません。

大切なのは「費用に見合った学習ができるか/資格が取れるか」です。

費用が「高い」「安い」ではなく、その費用に対して満足のいく学習ができるかどうかが重要です。

そのためには講座の学習内容、サポート、取得できる資格などを総合的に判断する必要があります。そして十分に納得してから、スクールや講座に申し込むようにしましょう。


 ペットシッターになるのに資格は必要か?


ペットシッターは国家資格ではなく、全て民間資格です。資格を持っていなくても、法律上はペットシッターの仕事をすることが可能です。

ただ現実問題として、無資格だと仕事はできないでしょう。

ペットシッターは飼い主から鍵を預かり、留守宅にお邪魔してペットの世話をします。もしあなたが飼い主の立場だとしたら、無資格の人間に家の鍵を預けてペットの世話を依頼するでしょうか?

お客さんにとってペットは家族の一員です。その家族を預かるのだから、ペットシッターの仕事は「信頼」が重要です。お客さんに信頼してもらえないと、ペットシッターになっても仕事を得ることはできません。

お客さんから信頼してもらうためにも、きちんと資格を取りましょう。

資格を持つことは、あなたに様々なメリットをもたらしてくれます。

・知識や技能の社会的証明になる
・お客さんの信頼を得ることができる
・仕事の獲得率がUPする
・お客さんに安心感を与えることができる
・自分の技能に自信を持って仕事に取り組める


ペットシッターの仕事は単にペットの世話だけをすればいいのではありません。ペットの仕事をするためには、飼い主さんとも関わっていかなければなりません。

ペットシッターは飼い主さんとの信頼関係を構築することが大切です。

資格はそのためのツールとして役立ってくれます。


 ペットシッター資格を活かせる場所


・ペットシッター   ・ペットホテル
・ドッグトレーナー  ・ペットショップ
・動物介護施設    ・ペットカフェ

ペットシッターの資格はペットホテルでも活かせます。ペットホテルの仕事内容はペットシッターとほぼ同じだから、資格は大きな武器になります。

またペットシッターは犬や猫の世話に関する専門資格ということで、ペットショップでも役立ちます。資格を持っていれば、採用選考で有利になるでしょう。

最近はペットの高齢化に伴い、老犬ホームや老猫ホームが誕生しています。このような職場でも、ペットシッター資格は有効です。犬や猫の世話をするという点で、仕事内容は似ています。

他にもドッグカフェや猫カフェでのお仕事でも役に立ちます。

このようにペットシッターの仕事以外にも、様々な職場で資格を活かすことができます。

「企業やお店に就職する」「個人で独立開業する」

どちらの道に進む場合も、頼もしい武器になってくれるはずです。


 ペットシッター資格が取れる通信講座


ペットシッターの資格が取れる通信講座として、ヒューマンアカデミーがあります。

国内有数の大手資格スクールとして知られる教育機関です。

対応講座として『ドッグシッター講座』『キャットケアスペシャリスト講座』が用意されています。これは一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座になっています。

それぞれの講座を簡単に紹介しておきます。


◆ ドッグシッター講座
・犬のしつけやトレーニング、健康管理やケアの方法を学習できる
・希望者には現役シッターのもとで実技研修を受けることが可能
・日本ペット技能検定協会のドッグシッター資格が取得できる
・合格サポート制で資格が取得できるまで完全バックアップ
・ヒューマンと日本ペット技能検定協会が就職・独立開業サポート

◆ キャットケアスペシャリスト講座
・猫の品種や飼育管理、看護学、ケア、繁殖や出産まで学習できる
・猫についてあらゆることが学べる本格的な猫の通信講座
・キャットシッター資格とキャットケアスペシャリスト資格が取得可能
・希望者は実技研修ができ、実際の現場でプロの技術を習得できる
・求人の紹介や面接対策など、就職支援や独立開業サポートも実施

ペットシッターにはドッグシッターとキャットシッターがあります。

犬と猫では生態や習性、世話の仕方が全く違います。両方を一度に学習するのではなく、まずはどちらか片方を専門的に極めた方が確実です。

犬が好きな人はドッグシッター資格を、猫が好きな人はキャットシッター資格を狙うといいでしょう。

ヒューマンアカデミーでは他にもトリマーや動物介護士、ドッグトレーナーなど、17種類のペット専門講座が開講しています。様々なペット資格に対応したカリキュラムが用意されています。

犬や猫が好きな人は、一度チェックしてみてください。

詳しくは下記ヒューマンアカデミーの公式サイトをご覧ください。

ヒューマンの通信講座 『ペット』


ヒューマンアカデミー

豊富なペット講座がある国内最大手の資格スクール。国際規格にも合格
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

日本ケンネルカレッジ

つくば国際ペット専門学校が直轄。家で専門学校と同等の講義を受けられる
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

日本愛玩動物協会

内閣府が公認する公益法人認定の資格。20万人が保有する人気資格
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム