ペット販売士になるには? 仕事や資格、おすすめ通信講座

ペット販売士になるには? 仕事や資格、おすすめ通信講座

ペット販売士生体やグッズの専門知識を持ち、お客さんにアドバイスを行う資格です。ペットビジネスでは重要な役割を果たすお仕事です。

ペット取扱業者はペットを販売する際に、飼育方法やしつけ方を消費者に説明する義務があります。

そこで活躍するのがペット販売士なのです。

ペット販売士はペットビジネスの幅広い知識を持つので、ペットショップだけでなく個人で独立開業する人も珍しくありません。

今回はペット販売士になるにはどうすればいいかを解説します。


 ペット販売士とは?


ペット販売に関わるお仕事だということは、名前を見ても明らかですね。

ペット販売士の仕事は消費者に適切な指導や助言を行うことです。

具体的にはペットの飼育方法やしつけのやり方、健康管理やお手入れの方法、適切なフードや器具の選択、時には悩みや相談にも応えます。

それだけでなくペット販売士は経営や経理にも携わります。

そのためペットの生態や習性、管理方法、衛生学や看護学、流通、経営、法律に至るまで広範囲の専門知識と技能を要求されます。

まさにペットビジネスのエキスパートと言える存在なのです。

ペット販売士は一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定資格で、協会が指定するカリキュラムを修了することで取得できます。

将来は独立開業し、ペットショップやトリミングサロン、ペットホテル、ペットカフェなどを経営したい人は、要チェックの資格ですね。


 ペット販売士になるには


1、協会指定のカリキュラムを受講

2、認定試験を受けて合格

3、ペット販売士の資格を付与

ペット販売士になるためには日本ペット技能検定協会が認定するカリキュラムを受講し、必要な知識と技能を学ぶ必要があります。

指定のカリキュラムを修了すると、受験資格が得られます。

認定を受けている専門学校で学ぶ方法もありますが、大手の通信講座なら認定を受けているところもあるので安い費用で受講できます。

試験は筆記試験ですが、通信講座の場合は在宅受験も可能です。

そのため通信講座で資格を取る人が多いようです。

資格取得後はペットショップなどに就職する方法と、個人で独立開業する方法の2つの道があります。


 ペット販売士の資格


ペット販売士の資格と通信講座

ペット販売士は民間資格です。就業に取得が義務づけられている国家資格ではないので、資格がなくてもペット販売士として働くことは可能です。

ただペット販売士の仕事は、お客さんの信頼が欠かせません。無資格では助言や指導にも説得力がないので、資格は取っておきましょう。

ペット販売士資格の概要は以下の通りです。

・主催団体:一般社団法人日本ペット技能検定協会
・受験資格:協会認定のカリキュラムを修了した者
・試験日時:随時
・試験会場:在宅
・ライセンス交付料:14,000円


資格の難易度はそれほど高くはありません。指定のカリキュラムを受講し、きちんと学習すれば誰でも十分に取得できるはずです。

ただ動物の生態から経営学まで幅広い範囲が出題されるので、各ジャンルごとに整理して覚えるようにしてください。


 ペット販売士の就職先


・ペットショップ  ・ネットショップ
・ペット関連企業  ・ペットカフェ
・ブリーダー    ・ペット誌ライター
・イベント企画   ・ペットコンサルタント

ペット販売士の働き方には、企業やお店に就職する方法と、自身でお店を経営したりフリーで活動したりする独立開業の方法があります。

一番多い就職先としてはペットショップです。ペット販売士の資格や専門知識をもっとも発揮しやすい職場と言えるでしょう。

ペット関連企業やペットホテルに就職する人もいます。

最近ではドッグカフェや猫カフェなども人気が高いようです。

独立開業する場合もペットショップが人気です。自分でペットショップを経営したい人は、ペット販売士を目指すといいですね。

実店舗ではなく、ネットショップの運営という道もあります。他にも自身でドックカフェや猫カフェのお店を開くことも可能です。

店舗経営ではなく、ペットの専門知識を活かして雑誌のライターやイベント企画、ペットコンサルタントとして働くペット販売士もいます。


 ペット販売士に向いている人


・動物が好き
・ビジネスに興味がある
・コミュニケーション能力が高い
・アイデアマンで様々な提案ができる
・業界の流行に敏感
・向上心がある

ペット販売士になるには動物が好きなだけでなく、ビジネスセンスも問われます。経営や経理の知識もペット販売士には必要です。

また人と接することが多いため、コミュニケーション能力も不可欠。さらにお客さんに様々な提案ができるアイデアマンが理想と言えます。

ペット販売士は経営にも関わるので、業界の流行にも敏感でなければなりません。そして常に勉強を続ける向上心を持った人が適しています。

これら全てが備わっていることが理想ですが、そういう人は少ないはずです。

足りない部分は日々精進を重ねて補うようにしてください。


 ペット販売士の給料と年収


ペット販売士になる方法

上記で紹介した通り、ペット販売士には様々な働き方があります。就職先によって給料は違ってくるので、一概に述べることはできません。

ただペットショップに就職した場合、初任給で15~18万円程度です。年収は200万~300万円が相場となっているようです。

ペット販売士として店長やマネージャー職に就く場合は、月収は20万~25万円になります。年収は300万円ほどになります。

フリーで働いたり独立開業したりする場合は、稼いだ収入が全て自分のものになります。そのため人に雇われるよりも高収入が可能です。

たくさん稼ぎたい人は独立開業を目指してください。


 ペット販売士の勉強をするには


ペット販売士の勉強をする方法として、専門学校と通信講座があります。

専門学校で勉強する場合は、ペットビジネスについて学べるカリキュラムを選ぶといいでしょう。費用は年間100万円ほどが必要です。

専門学校では講師から直接指導を受けられますが、学校の数は多くありません。そのため自宅から通えない人も大勢いらっしゃるかと思います。

ペット販売士の勉強をする場合、通信講座という方法もあります。

通信講座なら自宅で学習ができます。また自分の好きな時間に勉強ができるので、仕事や家事に忙しい人にも打ってつけです。

費用は5~12ヶ月の学習で15万円前後です。

大手の講座なら資格が取得できるだけでなく、就職や独立開業支援もあります。仕事をすることを視野に入れるなら、サポートの充実した大手講座を選んだ方が有利です。


 通信講座でペット販売士の資格を取得


ペット販売士の資格を取るなら、ヒューマンアカデミーがおすすめです。

ヒューマンアカデミーの『ペットビジネスマイスター講座』ではペットの身体の仕組みや病気、ケアなど動物看護学と共に、開店実務や店舗設計、生体管理や検疫、仕入れや税務管理などショップの経営法を学習します。

将来はペット業界で自分のお店を持ちたいという人におすすめですね。

講座は一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定を受けており、カリキュラムを修了するとペット販売士の資格が付与されます。

またペット業界で働きたい人のために求人の案内や面接対策など就職支援、独立開業や動物取扱業の登録サポートも行っています。

国内有数の資格スクールだけあって、サポート体制が充実しています。

ヒューマンアカデミーには他にもペットや動物の通信講座が豊富にあります。興味のある人はHPや無料の資料請求でご確認ください。

ヒューマンの通信講座 『ペット』


ヒューマンアカデミー

豊富なペット講座がある国内最大手の資格スクール。国際規格にも合格
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

日本ケンネルカレッジ

つくば国際ペット専門学校が直轄。家で専門学校と同等の講義を受けられる
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

日本愛玩動物協会

内閣府が公認する公益法人認定の資格。20万人が保有する人気資格
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム