アニマルセラピストの資格と通信講座

アニマルセラピストの資格と通信講座

アニマルセラピストとはアニマルセラピーを行う専門資格です。

アニマルセラピーは動物介在療法と呼ばれ、動物との触れ合いによって心身の治療や回復を行う心理療法のことを言います。近年はテレビや雑誌でも取り上げられ、聞いたことがある人も多いと思います。

「アニマルセラピストになりたい!」

という人も増えています。

そこで今回はアニマルセラピストの資格と通信講座を紹介します。


 アニマルセラピーとは?


アニマルセラピーとは日本語で「動物介在療法」と言います。

名前の通り、病気の治療に様々な動物を介在させるのです。

犬や猫などのペットと接すると、心が癒されると思います。動物の持つ癒しの力を治療に用いたのが、アニマルセラピーというわけです。

ペットを使って心身の健康を回復させようとするアニマルセラピーは、1970年代からアメリカで行われるようになりました。日本では1980年代後半から実施されています。

現在、日本は超高齢社会に突入し、高齢者の人口が増加しています。

病院や介護施設で、アニマルセラピーの需要が高まっています。

ペット好きの中には「動物に関わる仕事がしたい!」という人もいるはずです。そういう人はアニマルセラピストを目指してみるのもいいですね。


 アニマルセラピストの仕事


アニマルセラピストはアニマルセラピーを行う専門家です。動物との触れ合いの中で患者さんの心身を回復させることが、主な仕事になります。

アニマルセラピストは動物と一緒に病院や介護施設、福祉施設、児童施設を訪問し、活動します。

アニマルセラピストの相棒は、犬が多いです。犬は頭がよくて忠実だから、人間の指示に適切に従ってくれるからです。他にも身近な動物として、猫が用いられることもあります。

アニマルセラピストの仕事は患者の心身の健康を回復させることですが、同時にセラピーに用いるペットの訓練も行わなければなりません。

アニマルセラピストにはドッグトレーナーの仕事もあるわけです。


◆ アニマルセラピストの仕事
・患者さんの心身を回復させる手助け
・セラピー犬のしつけやトレーニング


 アニマルセラピストとペットセラピストの違い


アニマルセラピストとよく似た名前に、ペットセラピストというものがあります。

この2つは一体どう違うのでしょうか?

実はこの2つ、混同して使われることが多いです。ただ厳密に言うと、全く違うお仕事です。

念のため違いを簡単に紹介しておきます。

・アニマルセラピスト:動物を使って人を癒すお仕事
・ペットセラピスト:動物を癒してあげるお仕事


人間と暮らすペットは、様々なストレスを感じています。ストレスを抱えたペットは問題行動を起こしたり、病気になったりすることがあります。

そんなペットを癒してあげるのが、ペットセラピストです。

人間を癒すのがアニマルセラピストですが、ペットを癒してあげるのがペットセラピストです。

似た名前ですが、全然違うのですね。


 アニマルセラピストになるには


アニマルセラピストになるには、どうすればいいのでしょう?

アニマルセラピストには国家資格がありません。だから資格がなくても仕事をすることは可能です。学歴も年齢も性別も問われません。誰でもアニマルセラピストになることが可能です。

しかしアニマルセラピストになるには専門知識が不可欠です。

社会福祉や心理学、カウンセラー、セラピーの勉強をしてください。

またセラピーに用いる動物、セラピードッグの訓練も必要です。犬のしつけやトレーニング技術もアニマルセラピストには求められます。


◆ アニマルセラピストに必要な知識
・アニマルセラピーの意義と価値
・心理学や社会福祉
・カウンセリング
・リハビリテーション
・動物の生態や獣医学
・動物の飼育と管理方法
・動物のしつけやトレーニング など

アニマルセラピストになるには、セラピスト+ドッグトレーナーの2つの知識と技術が必要です。

アニマルセラピストの仕事をするのに資格は必要ありませんが、専門の勉強をするついでに何か資格を取っておくといいでしょう。

資格があると就職に有利だし、仕事をする上でも役立ちます。


 アニマルセラピストに向いている人


・動物が好きで、動物と一緒に仕事がしたい
・心理学やカウンセリングに興味がある
・人助けが好きで、人の役に立ちたい
・ボランティア精神がある
・患者と動物の相性を見極める観察力がある

アニマルセラピストは動物と一緒に人助けをする仕事です。そのため動物好きなだけではいけません。

人間も好きである必要があります。動物好きで社交的な人が、アニマルセラピストに適しています。

アニマルセラピストは仕事である以上、お金を稼がなければなりません。ただそれ以上に人助けや社会貢献をしたい人に向いた職業です。人のために何かしたいという人には、ピッタリのお仕事です。

またこのお仕事は、動物のトレーニング技術とセラピーの技術が求められます。勉強熱心な人でなければ務まりません。アニマルセラピストには勤勉さや向学心が求められます。

患者と動物の相性を見極める鋭い洞察力も要求されます。


 アニマルセラピストの就職先


・医療機関  ・動物病院
・介護施設  ・福祉施設
・児童施設  ・障害者施設
・個人で開業 ・ボランティア

アニマルセラピストは心身に傷を負った人達の治療を行うため、医療機関が主な職場になります。他にも介護施設や障害者施設で働く人もいます。

中には個人で独立開業するアニマルセラピストもいます。この場合は依頼を受けて病院や様々な施設を訪問し、アニマルセラピーを行います。

このように仕事では各地に出向くことが多いため、店舗を持つ必要はありません。

一人で仕事ができるということで、個人で開業しやすい職業です。

仕事ではなくボランティアで活躍するアニマルセラピストもいます。


 アニマルセラピストの給料と年収


アニマルセラピストになるには

アニマルセラピストになりたい人にとって、気になるのは給料です。

アニマルセラピストには正社員や契約社員、アルバイト、個人で開業など様々な働き方があります。働き方や就職先によって給料は違ってくるため、一概には言いにくいところがあります。

アルバイトの時給や、正社員の初任給と年収の目安は以下の通りです。

・時給:1,000~1,500円
・月給:18万~22万円
・年収:250万~300万円


ペット業界の中では平均的な給料になります。しかし他の業種と比べると、給料や年収は低いと言わざるを得ないです。ペット業界は小規模経営が中心のため、待遇面はどうしても劣ってしまいます。

ただアニマルセラピストになりたい人の多くは、お金のために仕事をしているわけではありません。

アニマルセラピストは相棒の動物と共に人助けをする職業です。動物好きの人にとってはやりがいがあるし、社会的意義も高い仕事です。

また個人で独立開業をすれば、取り分は全て自分のものです。病院や施設に就職するよりも高収入が見込めます。


 アニマルセラピストの資格と通信講座


アニマルセラピストになるのに資格は必要ありません。とはいってもプロとして仕事をする以上、資格を取っておいた方がいいでしょう。

以下にアニマルセラピストとそれに関連した通信講座やスクールを紹介します。

講座の詳細は、各サイトや無料の資料請求でご確認ください。


 ヒューマンアカデミーのペット通信講座


ヒューマンアカデミーのペット通信講座

ヒューマンアカデミーの通信講座では、アニマルセラピストになるのに不可欠なセラピードッグトレーナーの資格が取得できます。

セラピードッグをきちんとしつけられないと、アニマルセラピストの仕事はできません。

プロを目指すならぜひ取得しておきたい資格ですね。

この資格は『ドッグトレーナー講座』『ドッグトレーナー プロフェッショナル講座』『ペットビジネスマイスター講座』で取得できます。

これらは一般社団法人日本ペット技能検定協会の認定講座です。

猫について学びたい方は、『キャットケアスペシャリスト講座』がおすすめです。

ヒューマンアカデミーには他にもトリマーやブリーダー、動物介護士など数多くのペット通信講座があります。犬や猫が好きな人は、一度HPを覗いてみてください。


ヒューマンアカデミー

豊富なペット講座がある国内最大手の資格スクール。国際規格にも合格
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

日本ケンネルカレッジ

つくば国際ペット専門学校が直轄。家で専門学校と同等の講義を受けられる
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

日本愛玩動物協会

内閣府が公認する公益法人認定の資格。20万人が保有する人気資格
▼▼ 詳細はこちら ▼▼

検索フォーム